最新記事

津久見市の地域イベントを視察

20181227113238_photo1.jpg  3576184bytes

河津桜まつりの会場の1つ−廃校を活用

2018.2.18

 1月に実施した保土島・津久見市の視察に続き、2月18日に地域の2つのイベントを視察しました。
 1つは津久見市の河津桜まつりの視察です。これは伊豆の河津桜を長年にわたって植樹してきた結果、四浦半島全体にわたって桜の名所が出来上がったものです。今後、ヤングリーブスの参加も得て河津桜の植樹活動にたずさわれないか検討していきます。
 もう1つは、「津久見inバル」(つくみんばる)という夜間イベントの視察です。地元のNPO等が企画したもので、どの店でも使える共通チケットを購入して津久見駅前の飲食店を食べ歩き飲み歩きしようというイベントです。初の試みで23の地元飲食店が参加しとてもにぎわっていました。



保土島と津久見市を視察し、津久見市活性化のNPOと意見交換を実施

20181227111649_photo1.jpg  3475811bytes

NPOの世話人と津久見市の現状や活動について話を聞き意見交換

2018.1.20

 昨年度から取り組んできた「津久見市」「保土島」の活性化を継続するというまちづくり委員会での確認を踏まえて、1月20日に保土島等の視察と津久見市のNPO団体との意見交換等を行いました。
 保土島の視察では、島の現状を実際に見ていきながら今後の取り組みとして何ができるのか考えました。現在、島に橋を架けるという話が上がっており、島の人たちの意見も分かれているとのことでした。島の活性化について期待の声がある半面、さらに人口減少が進むのではとの懸念もあるようです。
 津久見市の視察では、昨年の台風18号による災害からの復旧活動に市民全体で取り組んだ結果、ようやく状況が落ち着いてきたとの話を受けました。しかしながら、復旧の先にある中心市街地の活性化や観光産業振興についてはまだまだ課題があるようです。



まちづくり委員会で今後の取り組みについて確認しました!

20150731091811_photo1.jpg  45920bytes

まちづくり集団「C−Lab.TSKUMI]の会議に3名が参加

2015.6.11

 2015年6月11日に2015年度第2回まちづくり委員会を開催しました。今回は、先月、宮崎県綾町で開催された「2015まちづくり委員会代表者会議」について、参加した小野まちづくり委員会委員長より概要報告を行った後、大分県支部まちづくり委員会の具体的な取り組みについて検討・協議しました。
 まず、大分県津久見市のまちづくり集団「C−Lab.TSUKUMI」の取り組みについて、この集団に参加しているアメイズユニオンの阿部委員長より説明を受けました。「C−Lab.TSUKUMI」は、津久見の風土・歴史を守りつつ津久見で暮らすことの楽しさを発掘・発信し津久見の発展に寄与することを目的とするまちづくり集団で、「つくみを語らう会」や「津久見まちなか清掃ウォーク」、「津久見魅力発見ツアー」を主宰するなど、さまざまな活動を推進しています。
 大分県支部まちづくり委員会では、これまでも具体的なまちづくりの取り組みについて検討を重ねてきましたが、今回の協議で、@津久見市のまちづくりについてできることから参画していく、A具体的には津久見市の視察と「C−Lab.TSUKUMI」の活動に参画していく、という2点を確認しました。また、津久見市出身の組合員をまちづくり委員会の来季のメンバーに入れていくこと、組織内議員の井手口大分市議会議員に加え、親交のある津久見市出身の藤田県議会議員にも声がけをして可能な限り委員会活動への参画をお願いしていくことも確認しました。



地域ニュース